ドラッグストア監修の漢方薬についての解説ページ

銀翹散について

冷やすカゼ薬に「銀翹散(ぎんぎょうさん)」という漢方薬があります。のどが痛く熱がる人のカゼに使う代表薬です。

 

「八味地黄丸(はちみじおうがん)」は温める漢方薬で、足腰や泌尿器系のパワーを補う働きがあります。

 

冷えを強く感じる人には良いが、普段から熱がる人は服用に際しては注意が必要です。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

「湯剤」生薬と水を入れて加熱し、生薬の成分を抽出する煎じ薬。 「散剤」生薬を粉末にして混合したものです。

 

「丸剤」生薬を粉末にしたものにはちみつなどを加えて丸く固めたもの。 「エキス剤」湯剤、散剤、丸剤として服用されていたものからエキスを抽出し、水分を蒸発させて乾燥エキスとして、錠剤、顆粒剤、カプセル剤に加工したものです。

 

このように様々な種類があり漢方薬の選択の際には注意をすべき事が理解できると思います。

 

薬剤師 求人 大阪
薬剤師 求人 神戸