ドラッグストア監修の漢方薬についての解説ページ

漢方薬学が学べる大学は?

現代の中国漢方(中医学)は、構造主義科学理論の一つである中国古代に生まれた「陰陽五行学説」を基礎に、現実の疾病に即して長期間の年月を経て発展してきたものです。西洋医学にはみられない「天人合一・心身一如」の構造主義医薬科学として高度な発達を遂げており、西洋医学の知識も積極的に取り込むことで、今後もさらに進歩と発展が期待できる無限の可能性を内在した医学です。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

さらに日本国内の現状に即して改良を加えた『中医漢方薬学』は、日本で独自に成長した「日本漢方」と、中国の伝統医学が発展して成立した「中国漢方」を合体した理論となっています。

 

漢方の病気に対する考え方は、どのような病気も究極的には五臓六腑のアンバランスによって生じるものと考えられており、一人の身体の中で起こる病気は、その人の生まれ持った体質的な素因やストレス状況、食生活環境の諸条件、地域的な生活環境の諸条件などとも大いに関係があるという考え方で、現在出ている病気の症状だけでなく、過去の病歴やその他の環境的な諸条件なども配慮し、また一見無関係に思えるような症状も参考にします。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

西洋薬(医療)を主としている日本では、漢方薬学を中心として講義する大学はごく僅かで、現在日本国内において、漢方薬学が学べるおもな大学は、第一薬科大学、日本薬科大学、横浜薬科大学、などです。

 

薬剤師 就職