ドラッグストア監修の漢方薬についての解説ページ

薬局で漢方薬を買おう!

漢方薬局とは漢方薬を主に扱っている薬局のことです。漢方薬局の薬剤師は現代医薬品だけではなく、漢方の教育も受けています。 漢方の教育では、まず東洋医学の理論から見た人体の機能や漢方薬の使い方、生薬の効能や品質、薬品の管理の方法など詳細に、かつ非常に多くのことを学びます。漢方薬局ではきちんとした東洋医学の理論をもとに漢方薬を考えますので、安心して漢方薬を購入することができるでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

また、すでに製品化されたエキス製剤だけでなく煎じ薬を調合(製造販売)している漢方薬局では扱える処方も多く、さらに専門的な知識を持っていますので安心して相談することができます。薬局での漢方相談には各種健康保険が適用されませんので薬局によってかかる費用はまちまちですが、一般的な薬局では煎じ薬一日分につきおおよそ500〜800円程度が目安になることが多いようです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

現在、原料生薬の原価が上昇する傾向にありますので、将来的には徐々に値上げされていくことが予想されています。成分含量の少ないエキス製剤に切り替えることで価格を抑えることが可能な場合もあるので、漢方薬局にて相談するとよいでしょう。漢方薬といえども、飲み合わせなどにより副作用が出やすくなる可能性がありますので、すでに服用中の薬やサプリメントなどの名前を確認し、必ずそのことを薬剤師に話すことが大切です。

 

薬局